RECOMMEND
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

社長のひとりごと

ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    定額給付金の素敵な使い方
    0
      とうとう昨日、定額給付金の一律支給を含む第二次補正予算が成立しました。
      よって国民の7割が反対しているにも拘わらずに我々納税者である国民の
      税金が正に『一律に』バラ撒かれることになりました。

      納税をしていようがいまいが、反社会的団体の構成員であろうがなかろうが
      正に『一律に』支給されるのです。

      私は当初「受取り拒否」で行こうと考えておりましたが、定期購読している
      メルマガの『勝谷誠彦の××な日々。』の素敵な呼び掛けに共感し
      本日(まだ給付金を受取る前ですが)1万2千円を振り込んで参りました。

      その呼び掛けとはココです。
      http://jinken.asia/

      そうです、北朝鮮に拉致された日本人を含む被害者を奪還するべく
      「ニューヨークタイムズ」に意見広告を掲載する呼び掛けなのです。
      北方領土さえ取り返せない我が国が、北朝鮮に身代金を払う事無く
      世論を動かすにはアメリカ国民の感情に訴えた方が効果的だという事です。

      私が納付した税金が還付されるのなら気持ち良く受取り地元久留米で消費
      しますが、受取る理由もわからぬままに今国家が直面する緊急重要課題は
      ホッタラカシにして選挙対策としか思えないバラマキのお金などいりません。

      3月4日現在で380万円ほどの残高でしたが、今日からは勢い良く口座に
      『義捐金』として振り込まれることでしょう。

      先月羽田空港で横田夫妻と邂逅したのも何かの縁だったのかも知れません。

      | - | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      横田夫妻と羽田空港ですれ違いました。
      0
        昨日〜今日朝までBSサミットの総務委員会のため北九州は小倉に滞在。
        午前中に久留米へ戻り明日からのロータス正副三委員長会議の為に再び
        出張です。
        本来なら15:15発のJALで羽田へと向かうのですが、悪天候による
        使用機到着遅れのため、40分遅れて15:55発で飛び立ちました。
        (そういえば八幡から見る皿倉山は雪化粧でしたもんね)

        羽田空港の13番ゲートに到着した飛行機から降りて、急ぎロータス本部へ
        向かおうと歩を進めていると手荷物検査場を通過して出発案内を見上げている
        見たことのあるおじさんが目に付きました。

        「誰だったかな〜?」と思っていると、その後に続くご婦人は横田早紀江さん。
        そうです、北朝鮮による拉致被害者の代表である横田ご夫妻でした。

        ロータス本部での打合せ〜高橋副社長との会食を終えてホテルに着き
        PCを立ち上げて本日のニュースを見ますと、これでした。↓↓↓↓↓
        http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090217-00000018-maip-soci

        ヒラリー・クリントン米国務長官との面談を終えて帰郷されるところ
        だったのでしょうね〜。
        しかしはっきりと拉致を認めている犯罪国家に対して日本国は何をやって
        きたのでしょうか?同胞を取り戻すのにアメリカに頼らなければならない?

        日本国の主権に係わる問題に対して打つ手も無く、やっている事といえば
        中川財務大臣の飲酒会見に対する問責?
        勝谷誠彦ではありませんが「バカが国家をやっている」のですね。

        核ミサイルを北朝鮮に向け、原子力潜水艦を朝鮮半島と中国近海に100隻
        くらい配備すれば拉致問題も尖閣諸島も竹島の所属問題も一気に進展(解決
        とは言いません)するのでしょうけどね。

        今の日本国民に足りないのは「覚悟」だと思います。
        昨日アマゾンで注文した本は「坂の上の雲・全8巻」でした。
        | - | 21:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        浅野史郎氏、久留米に上陸!
        0
          本日みのもんたの朝ズバッ!を見ておりましたらコメンテーターに
          前・宮城県知事で慶応大学教授の浅野史郎氏が出演していらっしゃいました。

          「はて、今日は久留米商工会議所青年部の20周年式典に記念講演に
          来られるはずだが・・・」と、ここで今日の予定を思い出しました。

          ロータスやBSサミットなど業界団体では積極的に役員をやらせて頂いて
          おりますが、地元久留米市においての組織貢献はお寒い限りでございます。

          なんせ優先順位を後ろの方へと追いやっておりまして、めったに上記青年部
          (ちなみに久留米YEGと称します)へは出席していないのです。
          毎月の例会や委員会がロータスやBSサミットの会合と殆ど被ってしまうので
          会費だけは納め、いいとこ年に1〜2回出席の「ほぼ幽霊会員」としての
          確固たる?地位を不動のモノにしていたのです。

          その希少な出席可能日がたまたま20周年記念式典の日と合致してしまい
          ましたので、粛々と役割分担(駐車場案内係り)を、春一番が吹き荒れる中
          努めて参りました。

          式典が始まる30分前の15:30頃、本日の講師である浅野史郎氏が
          タクシーでホテルへと到着。挨拶をしますと「いよっ、ご苦労さん!」と
          ヤケにノリが良い返事が返ってきました。

          記念式典は16時スタート。来賓の挨拶や次なる20年に向けての宣言など
          45分で式典は終了。15分の休憩を経て17時から記念講演が始まるの
          ですが、休憩開始と同時に浅野史郎氏が壇上に登場し、「タバコ・トイレは
          どうぞご自由に。私はここで好きに喋ってますから」と怒涛の勢いで前座が
          始まりました。

          私もトイレに行っておこうと席を立ち出口へ向かいかけましたが、あまりの
          ノリの良さに再び着席して前座の話に聴き入ってしまいました。

          いや〜、それにしても良く喋る講師だ!本公演に入ってからも正に独壇場!
          話が途切れることがありません。そしてあっという間に終了予定の
          17:40となり、大盛況の講演会は無事に終了したのでありました。

          講演内容を記すのは止めておきますが今月27日には柳川市でも講演する
          との事。聞いて損はありませんよ!ご都合の許す方は是非聴いてみて下さい。

          連発するジョークの半分以上がスベッていたのが玉に瑕だったかな??
          | - | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          大雪に備えて会社におります
          0
            本年も年明け早々から3度上京し会議や打合せをこなしております。
            ロータスに関係するニュースでは
            1、あいおい+ニッセイ同和+三井住友海上の統合の件の説明。
            2、東京海上+NTTによる携帯端末を利用したイーデザイン損保立上げの件。
            3、三菱・スズキ・BS・ヨコハマ・新日本石油・それぞれの見通し等々。

            世間ではトヨタ・ソニーが耳目を賑やわせておりますが、目立たない(失礼)
            ところでも名だたる一流企業が茫然自失となる様な地殻変動が起こっています。

            ちなみに当社も生き残りを賭けて日々の業務に取組んでおりますので
            こんな悪天候の夜には必ずロードサービスが発生する事を予測し
            泊り込んで待機しているワケです。

            アシスタンス会社さんからは一日平均およそ5件の出動依頼が来ていましたが
            今年になって6件平均になっています。
            (大した事なさそうですが20%アップです!)

            一日一膳ではありませんが、毎日従来の行動+αの行動をすれば必ず結果は
            付いてきますよ!昨今の経済情勢は『もっと働け!』と檄を飛ばしてくれて
            いるのです。『ゆとり』に慣らされた日本人には堪えるでしょうがね!

            さて先週のニュースで福岡県のある自治体が『子供に携帯を持たせない』てな
            取り組みを始めたと報道されていましたが、当然の事です。

            私の長男(高2)にはもちろん未だに持たせておりませんし、昨春大学へ入った
            長女には高校を卒業した翌日から持たせました。
            (同級生の父兄から『ええ〜〜っ信じられな〜い』と驚かれますが)

            持たせない理由はただ一つ、それは『必要がないから』
            子供のうちから携帯なぞ持たせるからますますバカになるのです。
            子供って何歳までか?私個人的には大凡30歳だと思っております。
            (いまの日本人の場合ですよ)

            携帯ついでにマナーについて一言、
            私は公共機関乗車中には誰からの呼出しであっても携帯電話には出ません。
            高速バス、電車、モノレールなどでのマナー違反の連中は大概良い年をした
            大人か高齢者です。

            飛行機から降りる時もそう、私は一刻も早く降りるために機内では前方左側通路の席を取ります。そして・・・
            狭いタラップを急ぎ足で抜けていますと必ず携帯の電源を入れて画面を
            見ながらのノロノロ歩きが・・・

            ちゃんとタラップを抜けてターミナルビルに入ってから操作すれば良いものを
            なぜ狭い通路で見ながら歩く必要があるのでしょうか?
            失礼ながら、そんなに忙しそうな方達には見えませんがね〜

            電車内でモノを喰う(あえて食べるとは申しません)、化粧をする、等と
            良く耳にしますが、携帯を使うあなた達年配者も同類ってことです。

            というワケで、私の子供達は『オヤジはウザ〜イ!けどノーと言ったら絶対に
            ノーだから諦める、携帯はいらん!』と納得?しております。

            携帯で遊んでいるヒマがあったらどんどん本を読むべきです!!











            | - | 23:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            正規に稼いで貯めたお金にイチャモン付けられて・・・
            0
              『トヨタ内部留保13兆円・正社員化 財源は十分』

              はいはい皆さん、マスコミに扇動されない様に気を付けましょうね〜
              何でトヨタ自動車が税引き後利益からコツコツと積み上げた内部留保金を
              自分で選択して派遣社員になった連中を正社員化するのに使わされ
              なければならないんでしょうかね?

              長らく円安に誘導し為替差益で溜め込んだお金だ!と言う人もいるでしょうが
              我々が住む日本国が介在した結果の円安だったのであって、決してトヨタだけが
              恩恵を受けていたワケではありませんよね?

              例えて言うなら皆さんが手取り給与所得から家計をやり繰りして貯めた
              虎の子の貯蓄を既に成人しているプー太郎の子供の為に使いますか?
              「親なんだから当然子供の面倒は見るべきだ!」とのご意見もあるでしょうが
              それが今の『定職に就かず短期の派遣に安住する「世界に一つだけの花」を
              捜し求める若者たち』をのさばらせ甘えさせる原因となっているのです。

              親が稼いで貯めたお金は老後の生活費や万一の時の為であり、他人から
              使い方をどうこう言われる筋合いのものではありません。

              トヨタ自動車が不正に溜め込んだ内部留保ならいざ知らず、ちゃんと莫大な
              諸税を支払った中から蓄積しているのですよ!
              それなのにトヨタに対するこの謂れ無きバッシング!!

              私は正しい方の味方をしますのでマスコミに対しては不信感が募るばかりです。
              (危機こそチャンスの言葉通り、トヨタは営業赤字を理由に大胆な変化を
              目論んでいるはずです。研究開発費や広告宣伝費を削減すれば営業黒字に
              なるものを、この機に乗じて敢えて赤字を出し正規従業員と系列ディーラーの
              意識改革に『強烈に』乗り出すはずです。)

              閑話休題、先日のこと私が不在の時に某国営放送の方から会社に2度も
              お電話が入っていたとのこと。電話を受けた社員に聞くと『日本のこれから、
              と言う番組の方から「森松社長のブログを拝見してお電話してます」との
              事でまた電話されるそうです』てなことでした。

              ん〜、「ひとりごと」だから思うまま好き勝手な事を書いていますが
              良く考えると誰でもが見れる環境にあるわけですね(当たり前か)

              後から撤回しなくちゃならない様な事は書いておりませんので全然構わない
              のですが、当社社員向けを想定した「ひとりごと」では済まなくなりました。

              さて今年はもう少し更新が頻繁に出来るように頑張ります!!
              | - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              年末年始は会社に泊まろう!?
              0
                12月を振り返ってみますと・・・
                3日・・・九州三菱自販久留米の皆さんと忘年慰労会
                5日・・・某損保さんと忘年慰労&祝賀会
                6日・・・当社BP部社員の結婚式に出席&挨拶
                7日・・・BSサミット九州ブロック社長会in嬉野へ出席
                8日・・・嬉野宿泊後帰社しコバック福岡エリア会議へ出席
                9日・・・ロータス福岡例会
                10日・・・東京ロータス本部にて販売促進プロジェクト会議
                11日・・・午前中LHのPJT、午後から本社販売事業部会
                12日・・・15時まで会議→浜松入りしスズキさんと会議&忘年会
                13日・・・品川経由羽田から福岡へ戻り
                15日・・・羽田経由秋田入りプレステージさんの事業説明会へ参加
                16日・・・昼まで会議→再び羽田経由で福岡へ戻り
                17日・・・東京アサツーDKさんでツールコンテスト審査
                18日・・・ロータス正副三委員長会議
                19日・・・昼まで会議→帰福
                25日・・・再び東京ロータス本社にて常任理事会
                26日・・・会議二日目&取締役会→帰福後瀬尾社長・松尾会長・清田社長
                27日・・・前日は結局福岡泊→午後からロータス福岡・新役員候補会議

                一体何屋さん?って感じですね!
                一週間も飛行機に乗らないと違和感を感じる様になってしまいました。

                よくこんな活動を4年以上続けて自社が無事だったな〜と
                今更ながら思ったりしています。留守を守ってくれている社員みんなに
                感謝々々です。(ちなみに22日が冬季賞与の支払日でした)

                10月に2名の中途採用者が入社してくれましたので彼らにも気持ちだけ
                寸志として渡しましたが、思っても見なかったらしく大層喜んでくれました。

                昨年は暦の配列&製造業の不況のせいで年末休暇のスタートが27日位から
                始まった会社が多く見受けられました。
                31日にも修理代のお支払いに来店される方が多く、ロードサービス出動も
                08年間最後の追い込み?で月間150件を超えました。

                今年2009年は本物しか残れない時代の到来となるでしょう。
                何の為に今の仕事をしているのか?その仕事で「本物」とは何なのか?
                社長や経営陣だけが理解していても意味がありません。

                もう一度今までの常識(固定観念)から脱却するべく、こうして一人会社で
                電話番をしながら(もちろんロードサービスのため)思い着いたり気が付いた事を
                画用紙に書き連ねながら構想を練って固めて行くのです。

                本年も原田自動車工業(有)をどうぞ宜しくお願い申し上げます。





                | - | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                鈴木修会長が大変だと言うほど事態は大変なのです。
                0
                  スズキ自動車の中興の祖である鈴木修会長。
                  ロータスとは提携関係にありますのでお会いして話を聴かせて頂く機会が
                  よくあります。

                  先週10日〜12日15時まで今年最後の本社販売事業部会を終えて
                  品川から新幹線に乗って向かったのは静岡県浜松市。
                  そうです、スズキ自動車の役員さん達との打合せなのでした。

                  その前日、鈴木修会長が社長を兼任してこの難局を乗り切ると宣言され
                  ましたので、懇親会の席にみえたら何と言えば良いか?逡巡していました。

                  残念ながら当日は風邪のため急遽欠席されてしまったのですが
                  御年78歳(年明けには79歳!)にして何と3度目の社長職への復帰。
                  その心中は察するに余りある、としか言い様がありませんね。

                  社長〜会長と30年以上に亘ってスズキ自動車を世界企業へと育て上げて
                  来られた会長です。その生き様は中興の祖でありながら創業経営者以上だと
                  思うのです。(総生産台数の75%は海外での販売です。)

                  昨年末〜今年初めに円対ドル相場が円高に振れ始めた時、日本の自動車
                  メーカー各社が為替差損を発生させる中、スズキだけは僅かながら差益を
                  計上していた程の鋭い嗅覚と勘の持ち主であります。

                  その鈴木修会長が「回復するのに5年はかかる」と危惧する程の経済危機が
                  私たち日本にも襲い掛かって来ていると認識するべきです。

                  当社にも28人の社員が働いてくれていますので縮小均衡を受け入れる訳には
                  参りません。危機と言われる時ほど全員が一丸となるチャンスなのです。
                  順風満帆の時には見えない問題が逆境時には顕在化して来ます。
                  次なる成長の為には乗り越えなければならない壁と言えるでしょう。

                  今回は尊敬して止まない鈴木修会長から「危機こそチャンスだ!」と
                  ハッパを掛けられているような気がします。
                  | - | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  マスコミは派遣斬りとかしていないんでしょうかね?
                  0
                    トヨタ自動車やキャノンの派遣社員を含む社員削減がマスコミ各社によって
                    大々的に喧伝されていますね。
                    TVや新聞を見る限り、雇用側=悪!で解雇された派遣社員=被害者!との
                    図式が出来上がってしまった感じがします。

                    「だって派遣社員なんでしょ?」
                    私も今でこそ雇用側におりますが働き出してから14年間は被雇用側でした。

                    今朝TVで大分キャノンの派遣社員たちによります団体交渉の様子が
                    放映されているのを見ましたが『お門違い』だと思いましたね。
                    彼らが交渉する相手は「キャノン」ではなく、派遣会社である「日研総業」
                    であるべきです。

                    営利企業が生産コストを固定化せず受注状況に柔軟に対応できるように
                    一時的にコストが高くても変動費である「外注費」で処理できる派遣により
                    リスクを最小限にするのです。
                    (日研総業やフルキャストの派遣先からの受注単価は相当高いですよ)

                    今夏過ぎからのあまりにも急激な景気減速、ここで派遣社員を大幅に削減
                    しなければ、いつ削減するのですか??
                    当社に置き換えて見れば、例えば外注先の自動車電装店の社員さんが当社に
                    常駐して電装品の修理にあたってくれていた→当社の業績悪化により修理
                    入庫が激減した→電装店に「もう常駐はいらない」と伝えた→その社員が
                    「急に言われても困る、何とかしてくれ」と言っている様なものです。

                    これが頻繁(煩雑:ハンザツではありません!)にTVニュースで流れていますが
                    あなた達マスコミはもちろん一人の派遣斬りもしていないんでしょうね?

                    報道の仕方で景気減速を加速させている「自覚」はお持ちですか?と問いたい。

                    例えば
                    「トヨタ自動車、09年生産計画を更に下方修正!840万台へ!!」
                    ではなく
                    「トヨタ自動車、09年は減産するも840万台は確保の方針!!」

                    同じ内容でも受けるイメージは180度違いませんか?

                    昨日からロータスの会議で東京におりますが、あす会議終了後に浜松へ行き
                    スズキ自動車の幹部の皆さんと会議があります。

                    けさの新聞でご存知の方もいらっしゃるでしょうが「スズキ中興の祖」である
                    鈴木修会長が三たびスズキ自動車の社長に戻られます。(会長兼社長)

                    御年78歳でありながら「未曾有の危機に若い人に社長を任せるのは責任回避」
                    との決断で「業績が回復するまで何年でもやる!」と陣頭指揮へ復帰です。

                    あす夕方お会い出来ると思いますが、このカリスマ社長から「喝!」を
                    入れられることでしょう。

                    気付かない内にマイナス思考になっている我々が現状を打破するには最高の
                    モチベーターに気合を入れ直してもらいます!!

                    追伸:ホンダのF1撤退は正しく英断です。後世そう評価されるでしょう。

                    | - | 21:33 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
                    未曾有の危機が訪れる?
                    0
                      またまた久し振りの更新となってしまいました。
                      相も変わらずの出張&会議三昧でして、9月末にJALのマイレージを
                      15000マイル消費してカーシェアリングの会議に行ったのですが
                      1ヶ月と少しで15000マイル以上増えてしまい、間もなく28万マイルに
                      届こうとしております。
                      (親子4人でホノルルへビジネスクラスで行けてしまいます!)

                      昨夜はロードサービス当番でしたが、社員が退社して早々から電話の嵐。
                      やはり雨が降ると事故が増えるんです。
                      野添工場の当番と私とで「ダブルブッキングを上手く処理」しながら
                      救援をこなしておりました。

                      オーバーヒートで走行不可能になった車を40km先の指定店まで
                      搬送している時のことです。
                      同乗中の故障車オーナーから「買った店の展示車が半分位に減っている。
                      その上に軽自動車ばかりになってしまって・・・」と話掛けられました。

                      続けて「福岡市内の有名な不動産業者も倒産したし、この先一体どうなるの
                      だろうと思いますよ。私はもうリタイアした身だからマシだけどね!」

                      皆さんもお気づきかも知れませんが巷の中古車販売店の店頭に並ぶのが
                      「軽自動車」ばかりになっているのです。

                      それも今年半ばまでは「新古車(未使用車)」が主だったのですが
                      経済情勢を反映してか「39万8千円ポッキリ!」などが増えてきました。

                      何時の世のどんな商売も【売上=客数×客単価】が原理原則ですから
                      客数が落ちた上に客単価まで落とす仕組みで商売を続けますとダブルパンチで
                      会社の業績に大きな影響を及ぼします。

                      今日久々に見ましたTVで「ニトリ」の戦略を放映していましたが
                      値下げを断行した上で20%の売上増加を成し遂げていましたが、
                      それはやはり客数が増えているのと購買点数を増やしているからです。

                      主体性が全くないこの「日本国」において生き続けていくには
                      「自分で何とかする」しかありませんね!
                      何もしなかれば何も変わりません(悪化するのが関の山)

                      明日は急遽広島へ行って新商品の説明会へ参加します。ちゃんと日帰りですよ!!
                      | - | 23:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      今年最初の出張は島根県浜田市!
                      0
                        8:11分久留米発博多行きに乗り8:49分発の新幹線のぞみで新山口へ。
                        昨日山口県支部の例会だった森田・中国支店販売事業部長と合流し浜田氏へと
                        向かいます。

                        途中に森田販売事業部長の本社と三菱サテライトショップへ立ち寄りましたが
                        約2時間半の道中にコンビニは一軒もありませんでした。スゴイ田舎です!

                        森田・中国支店販売事業部長の会社である須佐自動車さんはJR山陰線の須佐駅の
                        真ん前にあるのですが想像を超えた【田舎】でした。
                        聞けば人口は3000人足らずとのことでした。

                        須佐自動車の本社から三菱サテライトショップまでは距離にして10km位。
                        それが移動時間で10分足らずだったのですから田舎具合が分かるでしょう?

                        その事実を笑い飛ばしながら森田事業部長の運転で本日の目的地である
                        島根県の浜田市にある【オートセンターパレス】さんへと参りました。

                        【オートセンターパレス】さんは浜田市から広島市へと向う浜田道沿いにあり
                        旭ICを下りてすぐのところにありました。

                        人口2800人の島根県浜田市旭町がどれくらい田舎か?を表現すると
                        最も分かり易いのは【店舗の隣に無人の農産物販売所がある】という事実です。
                        無人販売所ですよ皆さん!?

                        そんな【オートセンターパレス】さんはこんな田舎町で【個人向けリース】を
                        沢山販売しているのです。

                        顧客の平均年齢が55歳、ほとんどの顧客が農家である環境で商品の選択肢と
                        して導入した【個人向けリース】でありましたが立派なものでした。

                        来週のロータス本社販売事業部会で発表できるようにこれから纏めます。

                        13:00から17:00まで取材させて頂き再び浜田市まで戻りまして
                        浜田ワシントンホテルへチェックイン。
                        懇親会には高澤支店長も合流され【人には言えないハナシ】等も飛び出して
                        楽しい時間が持てました。

                        ホテルへ戻っても9階のラウンジにて情報交換が続き部屋へ戻ったのは
                        つい先ほど・・・

                        参考になること多数でしたので今後の展開が楽しみです。
                        | - | 23:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |